• 印刷する

今月26日は断食明けで祝日に、大統領府

フィリピンの大統領府は16日、イスラム教の断食明け大祭(イドル・フィトリ)に当たる今月26日(月)を国民の祝日(レギュラー・ホリデー)とする大統領布告2017年第235号を公布した。

イドル・フィトリは共和国法第9177号で国民の祝日に指定されている。イスラム暦(ヒジュラ暦)に基づく、国家フィリピン人イスラム教徒委員会(NCMF)の勧告に従い、大統領府が日付を決定した。大統領布告は、「全フィリピン国民が、イスラム教徒と共に、平和的にイドル・フィトリを祝うべき」としている。

フィリピンでは国民の83%がカトリック教徒、その他のキリスト教徒が10%、イスラム教徒は5%となっている。ミンダナオ地方ではイスラム教徒が人口の2割以上を占める。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:経済成長著しく、あちこ…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

電力産業改革法見直し、議会が2法案審議へ(06/25)

中国電力建設、30億ドルで11事業を推進(06/25)

首都圏の経済区新設凍結、BPO産業に打撃(06/25)

中国人就労のオンラインカジノに最後通告(06/25)

国内労働者の競争力強化、大統領令で規定(06/25)

職業上の安全に関するILO条約を批准(06/25)

BMWがマカティで商談会、国内26社が参加(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン