• 印刷する

スワンナプームと都心結ぶシャトルバス運行

タイで路線バスを運行するバンコク大量輸送公団(BMTA)は、きょう1日にスワンナプーム国際空港とバンコク中心部を結ぶシャトルバスの運行を開始する。運賃は60バーツ(約195円)。同空港からの新たな移動手段を設け、旅行者の便宜を図る。5月31日付バンコクポストが伝えた。

BMTAのソムサック総裁代行(運輸副次官)によると、スワンナプーム空港とサナームルアン(王宮前広場)を結ぶ「S1」ルートを開設。同空港1階の7番ゲート前を出発し、ヨマラート通りや安宿街として有名なカオサン通りなどを経由する。運行時間は午前6時~午後8時で、当初は30分おきに出発する見通し。

BMTAは4月から5月にかけて、ドンムアン空港とチャトゥチャック、戦勝記念塔(ビクトリーモニュメント)、ルンピニ公園、サナームルアンをそれぞれ結ぶ「A1~4」の4ルートを開設していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スワンナプーム空港の第3滑走路計画を承認(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

グラブ、新政権での配車アプリ合法化に期待(04/19)

タイ―カンボジア鉄道、22日に運行の調印式(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

住友林業、トンロー地区の高級コンドを販売(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

発電ラチャブリ、「RATCH」に社名変更(04/19)

ラチャブリ、西部発電所2基の開発計画提出(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン