• 印刷する

小売店向けロボット、8月から販売開始

シンガポールに販売員の代わりを務める小売店向けロボットが登場する。同国で家電量販店を運営するニューステッド・テクノロジーズが8月から、中心部の大型複合施設サンテック・シティー内の店舗で販売を開始する計画だ。27日付ストレーツ・タイムズが伝えた。

ニューステッドが発売するのは、EMS(電子機器の受託製造サービス)大手の台湾・新金宝グループが4億円相当を投じて開発した「XYZロボット」。店内の客に「買い物をお手伝いさせていただきます」などと話し掛け、売り場を案内するほか、クレジットカードでの支払いも受け付ける。カード決済が可能な小売店向けロボットはアジアで初とみられるという。

ニューステッドは26日、同ロボットをマリーナ地区のマリーナ・マンダリン・ホテルでお披露目した。6月1~4日に湾岸部のマリーナ・ベイ・サンズ(MBS)エクスポ・アンド・コンベンションセンターで開かれる「PCショー」でも展示する予定。

シンガポールでの販売価格は1万2,000Sドル(約96万7,000円)以上となる見込み。ニューステッドの担当者は「ロボットは病気になることも休暇を取ることもない。従業員を1人雇うことを考えれば、その価値が分かるはず」と話している。


関連国・地域: 台湾シンガポール
関連業種: その他製造IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(18:04)

閣僚の給与削減、肺炎最前線の公務員に賞与(02/28)

電気通信工事ミライト、地場企業を買収(02/28)

山田コンサル、地場同業と業務提携(02/28)

農産物商社オラム、19年は62%増益(02/28)

通信会社サークルズ、人員削減を進行(02/28)

【CSRの今】食品廃棄物を2年で4割削減 仏アコー、AI・再分配活用で(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

米商工会の7割超、新型肺炎で減収予測(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン