• 印刷する

テイクオフ:住んでいるマンションの…

住んでいるマンションのロビーで、連日のようにキャリーバッグを引くグループに出会うようになった。みんな旅行によく出かけるなあ、と思っていたのだが、実はその多くが、いわゆる「民泊」利用者だと最近になって分かった。

ロビーに常駐する管理会社のスタッフによると、昨年までは民泊利用を禁じていたそうだが、空室を抱えるオーナーたちからの強い要望もあり、今年から解禁。すると、予想以上の民泊利用者の多さに驚いたという。

ただ、民泊利用者の中にはマナーが悪いグループもあり、騒音や苦情は前よりも増えたそうだ。夜半までプールではしゃいで注意されているグループを数回見たが、スタッフによると「全部、民泊利用者」だとか。管理会社は再び民泊禁止も考えているそうで、新しいビジネスモデルの定着には、利用者全体のマナー醸成が欠かせないようだ。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

丸紅、太陽光発電の入札でOSKと連携か(12:59)

香港系小売り大手、スーパーなど22店閉鎖か(18:28)

エアアジアX、KL―成田便を11月に再就航(16:57)

テイクオフ:ひょっとしたら、マレー…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(08/21)

世界最大級の藻類培養設備 サラワクに日系技術で完成(08/21)

日野のトラック、分解修理なしで100万キロ(08/21)

RM1=25.4円、$1=4.18RM(20日)(08/21)

港湾の競争力向上策、数週間以内に発表へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン