• 印刷する

テイクオフ:住んでいるマンションの…

住んでいるマンションのロビーで、連日のようにキャリーバッグを引くグループに出会うようになった。みんな旅行によく出かけるなあ、と思っていたのだが、実はその多くが、いわゆる「民泊」利用者だと最近になって分かった。

ロビーに常駐する管理会社のスタッフによると、昨年までは民泊利用を禁じていたそうだが、空室を抱えるオーナーたちからの強い要望もあり、今年から解禁。すると、予想以上の民泊利用者の多さに驚いたという。

ただ、民泊利用者の中にはマナーが悪いグループもあり、騒音や苦情は前よりも増えたそうだ。夜半までプールではしゃいで注意されているグループを数回見たが、スタッフによると「全部、民泊利用者」だとか。管理会社は再び民泊禁止も考えているそうで、新しいビジネスモデルの定着には、利用者全体のマナー醸成が欠かせないようだ。(北)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:活動制限令で在宅勤務に…(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

会社存続で「解雇」も選択肢 活動制限令で運転資金に苦慮(04/08)

決算書の期限延長、期末問わず一律に留意(04/08)

RM1=25.1円、$1=4.35RM(7日)(04/08)

マレーシア航空の買収、元従業員らが提案(04/08)

外国人内定者向け日本語合宿、マレーシアで(04/08)

新規感染170人、累計は4千人目前(04/08)

新型コロナ検査、民間病院での実施増加(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン