富士フイルム、インスタントカメラの新機種

富士フイルムの現地法人フジフイルム(タイランド)は18日、インスタントカメラ「インスタックス」にデジカメ機能を持たせたハイブリッド機種「インスタックス・スクエアSQ10」を発表した。今年末までに5,000台の販売を目指す。

SQ10は、記録画素数が3.6メガピクセル。10種類のフィルターを搭載し、明るさと周辺光量を19段階で変更できるなど編集機能を充実させたほか、二重露光といった撮影モードも増やした。撮影したデータはマイクロSDカードに保存でき、ほかのカメラで撮影した写真もカードに保存すればSQ10でプリントできる。価格はスタンダードカラーの黒が9,990バーツ(約3万2,000円)、タイ限定のミントが1万990バーツ。それぞれ今月末、来月末頃に本格販売を開始する。

タイのインスタックス販売は東南アジアでシンガポールに次ぐ規模で、重要市場と位置付ける。今月末には「インスタックス・ミニ」シリーズの「インスタックス・ミニ9」(3,190バーツ)も発売し、ラインアップを拡充する。今年通年のインスタックスの販売台数目標は3万5,000台。昨年は約3万台だった。

富士フイルムは「インスタックス・スクエアSQ10」を今月末に発売する=18日、バンコク(NNA撮影)

富士フイルムは「インスタックス・スクエアSQ10」を今月末に発売する=18日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 電機

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「車内の奥までつめてく…(08/21)

【書籍ランキング】8月3日~8月9日(08/21)

車部品6社の上期は46%増益 売上高は微増、通年も横ばい予測(08/21)

アウディ新体制で販売5倍へ、新SUV発表(08/21)

PTTGC、ミャンマーでポリ袋生産に参画(08/21)

豪蓄電池、メキシコからタイに生産移管(08/21)

就労ビザを4年有効へ、外国人商工会が歓迎(08/21)

勤続20年で解雇手当増、当局が法改正提案(08/21)

バンチャーク石油、19年に炭酸リチウム生産(08/21)

北部金鉱の閉鎖命令撤回、政府が否定(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン