無農薬野菜に広がる商機 日系も参入、輸入品不信が後押し

カンボジアで無農薬野菜の商機が広がり始めている。市場規模は野菜の国内消費量全体の2%に相当する2万トンとまだ小さいものの、中間所得層の台頭で都市部を中心に需要が高まっている。隣国などから流入している原…

関連国・地域: 中国タイベトナムカンボジア日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都の水道料金支払い、電子決済可能に(13:41)

クリード、物件販売が好調 複数開発で「多様化」に対応(08/21)

在カンボジア米企業、9割が増益を予測(08/21)

ガソリン価格、昨年12月比5%上昇(08/21)

成長持続へ構造改革や教育向上を=世銀報告(08/21)

南部2州で上水事業、EUが資金支援(08/21)

中小企業が国産品振興策を批判、政府は反論(08/21)

上場5社の上半期決算、増益は1社のみ(08/18)

シンガのクリスエナジー、23日に油田生産契約(08/18)

中銀、銀行間のネット取引基盤を整備(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン