無農薬野菜に広がる商機 日系も参入、輸入品不信が後押し

カンボジアで無農薬野菜の商機が広がり始めている。市場規模は野菜の国内消費量全体の2%に相当する2万トンとまだ小さいものの、中間所得層の台頭で都市部を中心に需要が高まっている。隣国などから流入している原…

関連国・地域: 中国タイベトナムカンボジア日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

靴の特恵関税適用、縫製協会が米国に請願(10/19)

バングラへのコメ輸出に遅れ、最終合意まだ(10/19)

米開発庁系、農家融資に最大1500万ドル(10/19)

外資の建設投資認可、1~9月は3.5億ドル(10/19)

JCインター、シエムレアプ―重慶線に就航(10/19)

がん死者年間1万人、対策訴え=地場病院(10/19)

観光客最多は日本人、紛争舞台プレアビヒア(10/19)

【カンボジア街歩き】「風が落ちた!」、乾期の訪れを喜ぶ 第9回(10/19)

人工衛星発射は21年以降、事業費1.5億ドル(10/18)

国際空港3カ所の利用者、1~9月は26%増(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン