無農薬野菜に広がる商機 日系も参入、輸入品不信が後押し

カンボジアで無農薬野菜の商機が広がり始めている。市場規模は野菜の国内消費量全体の2%に相当する2万トンとまだ小さいものの、中間所得層の台頭で都市部を中心に需要が高まっている。隣国などから流入している原産地不明で安全性が確認できない農産品に対する懸念が強まってい…

関連国・地域: 中国タイベトナムカンボジア日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

期待高まる債券市場 資金調達に利点、管理も国際化(04/27)

〔寄り道〕しゃく熱の太陽に焼かれて…(04/27)

首相、建設現場の中国人は「人材不足補う」(04/27)

バングラとのコメ輸出合意、22年までに実行(04/27)

デング熱感染、1~3月は2.4倍(04/27)

ネットの自由、法規制で限定的に(04/27)

野党解党後の経済成長は順調、首相が強調(04/27)

米大使館、太陽光発電パネルを設置(04/27)

南部カンポットに港湾整備 地場財閥と中国、雇用創出1500人(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン