テイクオフ:インドネシア語は簡単だ…

インドネシア語は簡単だ。世界で2番目に習得しやすい言語、とも聞く。本当だろうか。

レストランのウエーター、市場の店主など、名前を知らない人を呼び掛ける時は、少し頭を使う。まずその人の性別を見分け、自分との年齢差を推測し、それぞれに合った呼称を使い分ける。すみません、と言うよりも、若い男性には「マス!(兄さん)」と呼び掛けるという具合だ。省いて話せば、横柄な感じがして心苦しい。

恋人の母親には普通、イブ(お母さん)ではなく、タントゥ(おばさん)と呼び掛ける。でも複雑な家庭環境で育った彼氏と同居する、彼の叔母をなんと呼べば非礼にならないか。男っぽい大柄な体つきだが、立ち居振る舞い方に女性特有の柔らかさのある屋台の店主には、さてなんと呼び掛ければいいだろうか。

インドネシア語は、本当は難しい。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タックスアローワンス、300業種に拡大へ(06/22)

ユニリーバ現地法人がスプレッド事業売却(06/22)

フリーポート株の買収額、50億ドル以下に(06/22)

統一地方選、27日に投票 野党が統一候補、大統領選占う(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

大統領選、現職はジャワ島で高支持率(06/22)

《インドネシア・ビジネス・セミナー》2019年大統領選とビジネス環境(06/22)

電気自動車の型式検査施設、官民協業で建設(06/22)

スマレコン、マカッサルに新興都市開発(06/22)

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン