テイクオフ:インドネシア語は簡単だ…

インドネシア語は簡単だ。世界で2番目に習得しやすい言語、とも聞く。本当だろうか。

レストランのウエーター、市場の店主など、名前を知らない人を呼び掛ける時は、少し頭を使う。まずその人の性別を見分け、自分との年齢差を推測し、それぞれに合った呼称を使い分ける。すみません、と言うよりも、若い男性には「マス!(兄さん)」と呼び掛けるという具合だ。省いて話せば、横柄な感じがして心苦しい。

恋人の母親には普通、イブ(お母さん)ではなく、タントゥ(おばさん)と呼び掛ける。でも複雑な家庭環境で育った彼氏と同居する、彼の叔母をなんと呼べば非礼にならないか。男っぽい大柄な体つきだが、立ち居振る舞い方に女性特有の柔らかさのある屋台の店主には、さてなんと呼び掛ければいいだろうか。

インドネシア語は、本当は難しい。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

宇部興産と中国電力、石炭を共同で輸入(20:44)

首都の高架道など6カ所、年内完工できず(20:44)

首都アンチョール地区の水族館などを改修(21:19)

アジアのLNG市場拡大に100億ドル支援(10/19)

テイクオフ:先週末、首都ジャカルタ…(10/19)

遠隔医療の情報技術売り込み 日系IT5社、病院展示会に出展(10/19)

MNC、医療機器リースで2桁成長目標(10/19)

セイノー、今月末にも低温物流事業を開始(10/19)

首都圏への家畜輸送事業、民間の参画誘致へ(10/19)

西パプア沖合の観光地に航空路線開設へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン