• 印刷する

テイクオフ:フィリピン中央銀行によ…

フィリピン中央銀行によると、2014時点で銀行口座を保有していない世帯は全体の86%、預金額の中央値は5,300ペソ(約1万2,000円)、銀行が1行もない地方自治体は36%。マニラ首都圏に住んでいると、フィリピンのさまざまなデータが信じられない時がある。

首都圏に住むフィリピン人に銀行口座を持っているかを聞くと「当たり前でしょ」とけげんな顔をされた。データの話をしたら、「その数字は本当か自分も疑っている」との返答だった。

地方に行った時、現金の持ち合わせがなかったので、トライシクルの運転手に現金自動預払機(ATM)に寄ってくれと頼むと、「20分かけて町まで戻らないとない」と言われた。町にはATMが少ないのか、長い列が出来ていた。全口座の4割、預金額の7割は首都圏に集中しているという。マニラにばかりいては、フィリピンは分からない。(真)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスと聞…(08/11)

21年度のインフラ予算削減 かすむ看板政策、コロナが足かせ(08/11)

コロナ感染新たに6958人、計13万6638人(08/11)

1~6月の投資認可額27%減、経済区庁(08/11)

比の民主主義「危機」、著名記者が強権化に懸念(08/11)

景気刺激策、1800億ペソ規模に抑制=財務相(08/11)

50億ペソを追加拠出、出稼ぎ労働者支援に(08/11)

20年GDP、9.1%減に下方修正=フィッチ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン