• 印刷する

アルコール飲料規制案、業界への影響考慮を

インドネシア国会で審議中のアルコール飲料規制法案に対し、アルコール飲料業界や政界から、関連産業などへの影響を考慮した内容にするよう求める声が上がっている。国会では、アルコール飲料の製造や販売、摂取を全面的に禁止するか、規制にとどめるかなどについて、審議が続いている。3日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

インドネシア・モルト飲料製造者協会(GIMMI)執行委員会のバンバン氏は、アルコール飲料業界では、2015年4月からミニマーケットなどでアルコール飲料の販売が禁止された影響が続いていると指摘。「政府は物品税収の拡大を図っているが、アルコール飲料の販売増による税収増にも目を向けるべきだ」と強調した。

アルコール飲料禁止を強く訴えているアブドゥル・フィクリ・ファキフ議員(福祉正義党=PKS所属)は、「審議が長引くなら、まずはイスラム教徒に対するアルコールの提供禁止から始めるべき」と主張している。

政府は、昨年の物品税収目標を146兆4,300億ルピア(約1兆2,350億円)に設定していたが、実績は92兆5,100億ルピアにとどまった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:改装工事中のサリナ百貨…(01/18)

20年は217億ドルの貿易黒字 内需低迷で輸入減、今年は回復へ(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

無印良品が撤退へ、5月までに全店閉鎖(01/18)

20年の新車販売速報値、前年比48%減少(01/18)

ホンダ四輪販売、前年比47%減の約8万台(01/18)

外国人の入国規制措置、25日まで延長(01/18)

新規感染者1.4万人、4日連続で最多更新(01/18)

国営石油、グリーンディーゼルを試験生産(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン