【ラオス経済通信】ラオス中国鉄道のトンネル掘削開始 第112回

北部ウドムサイ県ワット山で6日、ラオス・中国鉄道(中老鉄路)の「プーワットトンネル」の掘削開始式典が開催された。全長は8,176メートル。 ウドムサイ県では、全長126.6キロメートルの線路を敷設し、9駅を建設するほか、トンネルも34本建設する。トンネル区間は75.72キロメー…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

フン・セン氏の強行策で波紋 ASEAN、外相会議も先送り(01/17)

22年の経済成長率、4.5%予測=世界銀行(01/17)

アマタ、ラオスで工業団地の開発認可取得(01/17)

外務省、対策委にビザ発給規制の緩和を要請(01/14)

13日はコロナ感染805人、死者7人(01/14)

ラオス越、フン・セン首相の仲介努力を評価(01/14)

BCPG、ラオスの送電会社の株式25%取得(01/14)

中老鉄路の貨物輸送額、1カ月で1億ドル超(01/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン