北部・中部で水不足懸念、二期作中止呼掛け

タイ北部や中部で水不足の懸念が高まり、関係当局が農家に二期作をやめるよう呼び掛ける事態となっている。来月中旬に雨期入りするとみられるものの、政府は生活用水の確保を優先させる方針で、節水への協力も求めている。25日付ポストトゥデーが報じた。

北部ピサヌローク県のクウェーノイバムルンデンダムのチャルムサック代表は、今月末まではクウェーノイ川流域の農地15万ライ(2万4,000ヘクタール)向けに放水するものの、以降は生活用水の確保に向け供給を停止するため、二期作は実施しないよう農家に要請したと明らかにした。

チャオプラヤー川水系のダムの貯水量は、クウェーノイバムルンデンダムが35%、プミポンダム(北部ターク県)が43%、シリキットダム(同ウタラディット県)が53%、パサックチョラシットダム(中部ロッブリ県)が29%で、合わせても46%と低位にとどまっている。

農業・協同組合省灌漑(かんがい)局は、二期作向けの供給を停止することで生活用水が不足することはないとの見方を示す一方、節水に協力するよう呼び掛けた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「それをやっちゃ、おし…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

サービス業は個別研修に人気 人材育成(下)日本品質で差別化を(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

日立ハイテク、アマタとシェア工場(07/16)

スマートID、スマートプラグの生産開始(07/16)

伊藤園、無糖ウーロン茶飲料を販売開始(07/16)

通信トゥルーのR&D施設、第2期開発へ(07/16)

建設チェンマイ、ハイアットなど2件を受注(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン