KOSPI、3000Pも可能、野村予測

韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)が、5月9日の韓国大統領選挙後に3,000ポイントに達する可能性があるとの見方が出ている。

野村ホールディングス子会社の野村金融投資(ソウル)のチョン・チャンウォン・リサーチセンター長が報告書で発表した。

財閥は新政権発足後、不透明な経営体制につながっている循環出資の解消に向け、株会社体制への移行を推進すると期待されている。株主権利の向上の観点から、配当性向を現在の20%から日本並みの50%に引き上げた場合、KOSPIは「3,000ポイントまで上昇する潜在力はある」と評価している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

男性向け育児用品人気、イクメン増加で(11/17)

日本からの投資拡大へ、蔚山が東京に誘致団(11/17)

CJ大韓通運、中国に物流技術の研究拠点(11/17)

「VR市場に無限の可能性」 オキュラスVR共同創業者に聞く(11/17)

韓国南東部に断層複数、大地震の恐れも(11/17)

米国の貿易規制、韓国企業の主張認められる(11/17)

現代自、ミシュランとEV向けタイヤ開発へ(11/17)

現代自、シリコンバレーに次世代車開発拠点(11/17)

LGD、液晶パネル施設の閉鎖加速(11/17)

自動車を決済手段に、5社がテスト事業へ(11/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン