米グーグル、中小向け研修コースで千人育成

米IT大手グーグルは19日、シンガポール政府などの協力を得て立ち上げた、中小企業(SME)向け研修コース「スクエアード・オンライン・フォーSME」で、2019年までに経営者1,000人を育成する意向を示した。ビジネス・タイムズ(電子版)が伝えた。

シンガポール政府が推進する中小企業のデジタル化支援策「SMEゴー・デジタル・プログラム」の一環。グーグルは、シンガポール規格生産性革新庁(SPRINGシンガポール)、情報通信メディア開発庁(IMDA)、英人材育成会社アバド(AVADO)と連携して同コースを開発。デジタルマーケティング分野の専門家を育てる。期間は5カ月で、双方向オンライン授業のほか、実際にワークショップに参加する機会もある。1回当たりの定員は120人。

グーグルは、アジア太平洋18カ国・地域で大企業向けのデジタルマーケティング研修コース「スクエアード・オンライン」を展開しており、これまでに1,000人以上が受講した。シンガポールでは政府系放送会社メディアコープや、英保険大手プルーデンシャル、米金融・旅行大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)の現地拠点などが利用している。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: IT・通信雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

シティコア、太陽光発電所5カ所を買収(16:02)

テイクオフ:シンガポールでは、「毎…(05/22)

国内共通の電子インボイス始動 アジアで初、欧州規格ベースに(05/22)

SMBC信託銀行とBOS、覚書を締結(05/22)

デリバティブ取引所APEX、25日に開業(05/22)

シンガのフィンテック、家畜を担保に融資へ(05/22)

金融庁、預金保険制度などの改正案発表(05/22)

株価反発、金融最大手DBSは1.4%高(05/22)

ハラル化粧品ニュートリック、星に再進出へ(05/22)

英法人旅行リード&マッケイ、オフィス開設(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン