テイクオフ:一時帰国という形で滞在…

一時帰国という形で滞在すると、日本のあれこれをまるで外部の人間のように新鮮に感じてしまう。研修バッジを付けた係官が慣れない手つきでパスポートをめくる入国審査、先輩に連れられた初々しい制服姿の集団がうろつく到着ロビー。新入生、新入社員、就活生。4月の日本はこんなにふわふわとした暖かさと新生活の緊張感にあふれていたのかと感心した。

フィリピンでは4、5月は長い夏休み。雨期入りしたものの、連日30度を超える気候も相まって季節をまたいだ感覚はない。日本の空気を吸って、ようやく新年度を実感できた気がする。

「次の楽しみはクリスマスかと思うと気が重いわね」。ゴミ出しでひょっこり顔を出したお隣さんにお土産を渡すと、お礼と共にそんな台詞が飛び出した。フィリピンの1年は、季節ではなく長期休暇を区切りにめぐっていくのかもしれない。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

貧困自覚世帯の割合、3四半期ぶりに低下(07/21)

地場太陽光パネル大手、中国への輸出を計画(07/21)

不動産オルティガス、1250億ペソを再開発に(07/21)

サンミゲル社長、全国紙買収へ インドネシア系勢力に風穴(07/21)

政府機関の調達迅速化、大統領令を公布(07/21)

【アジア三面記事】ナイフで胸を(07/21)

国際収支、6月は赤字が5.7億ドルに拡大(07/21)

資金洗浄防止法を改正、カジノ取引も対象に(07/21)

20日為替:$1=50.880ペソ(↑)(07/21)

マニラ―ラグナ貨物鉄道、実現向け協議再開(07/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン