日立造船、発電所向け水門・鉄管工事を受注

日立造船は13日、ラオスの首都郊外のビエンチャン県のナムグム第1水力発電所拡張事業を請け負っている安藤ハザマから、水門・鉄管工事を受注したと発表した。ラオス電力公社(EDL)向けの事業で、納期は2020年4月。日立造船が採用する工法「仮締切工法」を日本企業が海外で初…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中国鉄道、6月下旬に物流施設と接続(05/27)

農産物や鉱物の出荷、認可手続きを簡素化(05/27)

民際センター、学校支援強化 危機下で問われる教育権の保護(05/26)

地場AIFとタイ企業、暗号資産事業を始動(05/26)

不要の外出抑制、政府が燃油不足で呼び掛け(05/25)

【新ラオス法】第40回・ラオスにおける判決の執行について(後半)(05/25)

IPEF、半導体や脱炭素が求心力(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン