アリババ会長、あす首相と自由貿易区発表

マレーシアのナジブ首相と電子商取引(EC)中国最大手の阿里巴巴集団(アリババ、中国・浙江省)の馬雲(ジャック・マー)会長は22日、クアラルンプールで、マレーシア政府とアリババが共同で設立する「e―FTZ(自由貿易区)」について発表する。国営ベルナマ通信が20日に伝えた。

開会中の国会下院で、アーマド・マスラン副貿易産業相が与党議員の質問に対して明らかにした。自由貿易区は、EC産業の振興とインターネットを活用した産業革新の活性化を目的とした新たな貿易区で、マー会長の提案で実現した。詳細は22日に公表される見通しだ。

マー会長は、自由貿易区の設立に伴い、マレーシア政府のデジタル経済アドバイザーに就任する見通し。アリババは先ごろ、クアラルンプール国際空港(KLIA)に地域ハブを設立する計画を明らかにするなど、マレーシアでの存在感を急速に強めている。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険商業・サービス政治

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.2円、$=3.91RM(23日)(19:51)

4G速度、88国・地域中70位 国内通信3社が世界平均上回る(02/23)

RM=27.3円、$=3.91RM(22日)(02/23)

【アジア三面記事】社内恋愛に国の関与必要?(02/23)

発電マラコフ、通期は増収も12.8%減益(02/23)

マージエナジー、ジョ州で浄水設備を受注(02/23)

ペトロナス、印向けにLNG初供給(02/23)

LEDのD&O、2桁増収を予想(02/23)

空港運営MAHB決算、純利益は3倍増(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン