日本ペイント孫会社、塗装の研修施設を開設

日本ペイントの自動車補修用塗料を販売するNPオート・リフィニッシーズ・インドネシア(NPARI)は15日、インドネシアの首都ジャカルタに、不足する塗装事業者を養成する、塗装に関するトレーニングセンターを設立した。16日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。

トレーニングセンターは、北ジャカルタのアンチョールに設立。国内の塗装業者の専門性を高めることを目的としており、提携している整備所に限らず、全ての塗装業者が無料で受講できる。

NPARIは、日本ペイント(大阪市)とシンガポールの塗料製造販売のウトラム・ホールディングスの合弁企業体であるニプシーグループの子会社。2014年設立、翌年からインドネシアで車両塗装事業における市場調査も行ってきた。

ニプシーグループの自動車補修塗料部門、NPオート・リフィニッシーズ・アジア・パシフィックのシャラド上席副社長は、「現在インドネシアの車両塗装のアフターマーケット市場は伸び続けているにもかかわらず、塗装業者が不足し、消費者の需要を満たしていない」と話し、将来性の大きさを強調した。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車製造一般雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

MNC、トランプ・ブランドのリゾート開発(06/23)

セブン―イレブン、6月末で全店舗閉鎖(06/23)

複合バリト、タイSCGと物流の合弁設立(06/23)

浜名ワークス、工場稼働へ 現地販売目的の初の海外拠点(06/23)

過激派対策で外相会議、東南アジア3カ国(06/23)

【アジア三面記事】運がいいのか悪いのか(06/23)

自動車部品製造29社が倒産、生産コスト増で(06/23)

首都圏LRT建設費、1兆6千億ルピア縮小(06/23)

ナンバー規制、二輪車にも適用を検討(06/23)

国産小型旅客機を開発 インドネシア、島々結ぶ(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン