【インドネシアに生きる】向こう三軒両隣を実践 バティックを着た仕事師(2)

社用で欧米は経験済み。アジアではバングラデシュやスリランカなどには出向いたが、インドネシアははじめてだった。地図上でどこにあるかは知っていても、民族や文化については皆目知らない。そんなインドネシアの大地に柴田紹朔さん(85)は1976年1月に最初に降り立つ。44歳のと…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

感染98人、「治療費無料」で入国も(03/27)

日本、東南ア7カ国からの入国制限を強化(03/27)

英米政府、自国民に早急な帰国を勧告(03/27)

非優先インフラ事業、予算をコロナ対策に(03/27)

課題にスピード感持って対応 日野自動車製造、阿曽社長に聞く(03/27)

感染者数3日連続100人増、死者の増加は最多(03/27)

首相、東南アからの入国者に2週間待機要請(03/27)

貿易省、マスクや医療用品の輸入規制を緩和(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン