餃子の王将、台湾1号店は高雄

中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは13日、台湾1号店の出店場所として、高雄市左営区のショッピングセンター(SC)「漢神巨蛋購物広場」を選定したと発表した。4月中旬にも開業する。

同社は昨年9月の取締役会で台湾進出を決議。今年1月に台北市で子会社の王将餐飲服務を設立し、出店場所のリサーチを続けていた。

漢神巨蛋購物広場の4階で、座席数72席の店舗を開設する。同社は高雄での出店について、「日本で独自に深化した『和食としての中華料理』を提供する当社のメニューが受け入れられると判断した」などとしている。高雄の店舗では焼きギョーザをはじめとする餃子の王将のメニューを提供するほか、高雄限定のメニューも提供する予定。同社の広報担当者はNNAに対し「メニューの価格や客単価については調整中」と話した。

1967年創業の王将フードサービスは16年3月末現在、日本で「餃子の王将」直営店473店、フランチャイズ店233店を展開している。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:仏ブルゴーニュで活躍す…(12/13)

日本駐車場が台湾でサブリース 海外6カ所目、3年で50件受託目標(12/13)

敦泰、ディスプレー埋込式指紋認証を19年量産(12/13)

ASUS、重慶に中国第2営業本部開設へ(12/13)

ノートPC受託5社の11月、和碩のみ減収(12/13)

LEDの宏斉と久元、中国揚州に電子タグ合弁(12/13)

自動化設備の穎漢、台南で新工場用地取得(12/13)

桃園市、自動運転EV開発で米企業などと覚書(12/13)

中鋼の1~11月売上高、3年来の同期最高(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン