餃子の王将、台湾1号店は高雄

中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する王将フードサービスは13日、台湾1号店の出店場所として、高雄市左営区のショッピングセンター(SC)「漢神巨蛋購物広場」を選定したと発表した。4月中旬にも開業する。

同社は昨年9月の取締役会で台湾進出を決議。今年1月に台北市で子会社の王将餐飲服務を設立し、出店場所のリサーチを続けていた。

漢神巨蛋購物広場の4階で、座席数72席の店舗を開設する。同社は高雄での出店について、「日本で独自に深化した『和食としての中華料理』を提供する当社のメニューが受け入れられると判断した」などとしている。高雄の店舗では焼きギョーザをはじめとする餃子の王将のメニューを提供するほか、高雄限定のメニューも提供する予定。同社の広報担当者はNNAに対し「メニューの価格や客単価については調整中」と話した。

1967年創業の王将フードサービスは16年3月末現在、日本で「餃子の王将」直営店473店、フランチャイズ店233店を展開している。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、IDGと自動車技術関連のファンド(15:58)

テイクオフ:「寛容」と言われる台湾…(10/19)

エノテカが台北に台湾1号店 ワインバー付き旗艦店で市場開拓(10/19)

茂迪と碩禾、共同で太陽電池モジュール新会社(10/19)

鴻海傘下の樺漢、シャープとPOS分野で協業(10/19)

クアルコムへの罰金決定、経済部が影響懸念(10/19)

JCインター、シエムレアプ―重慶線に就航(10/19)

1~9月の自転車輸出額2割減、単価は上昇(10/19)

伊藤ハム、台湾に日本産和牛2.5トン輸出(10/19)

繊維の力麗、彰化に台湾初のBOPA新工場(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

企画広告

出版物

各種ログイン