• 印刷する

短期の民泊禁止法が可決、将来は規制緩和も

シンガポール国会は6日、短期の民泊を禁止する法案を可決した。個人宅の一部または全部を旅行者などに貸す場合、宿泊期間は6カ月以上でなければならないと規定。これを下回る期間の民泊は、都市再開発庁(URA)の許可を取得することを義務付ける。7日付ストレーツ・タイムズなどが伝えた。

シンガポールで仲介サイトを利用した民泊が増える中、近隣住民から「迷惑を受けている」という苦情がURAに殺到していることを受けたもの。URAは既にガイドラインで、6カ月未満の民泊を認めない方針を打ち出していたが、これを法制化し、順守を徹底させる。

このほか法案には、賃貸する民間集合住宅の居住者数の上限を従来の1戸当たり8人から6人に引き下げることも盛り込まれた。6人を超える場合は「ドミトリー(宿泊施設)」と見なされ、URAから許可を取り付けることが必要となる。

一方、ローレンス・ウォン国家開発相は6日、将来的には短期の民泊も認める用意があることを明らかにした。短期賃貸用の物件を指定し、そのオーナーに限って6カ月以下の民泊を認める方向で検討しているという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産サービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン