• 印刷する

2大都市のCPI、3月に異例の低下

ホーチミン市とハノイの3月の消費者物価指数(CPI)はそれぞれマイナス0.29%、マイナス0.21%となり、3月としては異例の低い値を示した。20日付トイバオキンテー電子版が報じた。

ホーチミン市統計局によれば、3月(2月21日~3月20日)のCPIは前月から0.29%低下した。ただし、前年同月比では2.85%、昨年12月からも1.15%上昇している。

ハノイ市統計局の発表では、同市の3月のCPIはマイナス0.21%だったが、ホーチミン市同様に前年同月からは5.7%、昨年12月からは2.04%の上昇となっている。

3月のCPIとしては、両市とも2008年以降で最も低い値となった。

ホーチミン市のCPIは、先月には1%と大きく上昇している。3月に大幅な減少に転じたのは、2月上旬のテト(旧正月)に向けて上昇した物価が、その後テト前の水準に戻ったことが主な原因とみられている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼各社、業績の好調際立つ 上期利益6倍、価格高騰受け(08/04)

4波の市中感染、ホーチミンで10万人突破(08/04)

7月製造業PMIは45.1、2カ月連続悲観圏(08/04)

コロナ支援で法人税30%減額、財務省が草案(08/04)

信用調査のCBA、ベトナムに進出(08/04)

ビンG、米製薬企業からワクチン製造技術取得(08/04)

ビンズオン省、国産ワクチン試験接種を打診(08/04)

治療薬レムデシビル50万本を今月輸入、ビンG(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン