年内は緩やかなドン安=三菱東京UFJ銀

三菱東京UFJ銀行ホーチミン支店は5日、半年に一度の「経済為替講演会」を市内で開催した。同行の専門家は、2017年の為替相場について、米ドルに対して緩やかなドン安が進むとの予測を示した。

昨年12月29日の実勢レートは1米ドル=2万2,765ドンだった。ホーチミン支店の長岡貴博トレジャリー課長は、米国が年内に3回の利上げを実施すると見込まれていることなどから「ドン高にはなりにくい」との認識を明らかにした。

他方で為替の安定を望むベトナム国家銀行(中央銀行)には過去最高水準とされる400億米ドル(約4兆7,050億円)の外貨準備残高があり、「介入余力がある」状況。このため6月末の予想レンジを先月29日から上下1%の変動となる1米ドル=2万2,550~2万2,950ドン、12月末は横ばい~+2%となる2万2,750~2万3,250ドンとした。

■ドル高は転換期

講演会では三菱UFJリサーチ&コンサルティングの著名エコノミスト、五十嵐敬喜氏も登壇し、今年の世界経済について展望した。五十嵐氏は米国経済について、14年第4四半期(10~12月)を境に企業収益は既にピークアウトしているなどとして、最近の米ドル高の相場はいずれ転換するとの見方を示した。ただ一方で、相場を動かす投資家の思惑によっては、さらに米ドル高が進展し、「1米ドル=125円くらいにまで行くことも十分あり得る」と予想した。

また日本については、「今年の景気はまずまずだが、目立っては良くならない」と予測した。企業業績は全体として増益が続いているが、円安や原油安など一時的な要因と異なる「本物の力がまだ付いていない」と解説。企業による労働分配率が減少しており、個人消費が増えていないと指摘した。

Thumb 20170110 icn      w

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの著名エコノミスト、五十嵐氏が今年の世界経済について解説した=5日、ホーチミン市


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

経営のプロ集団、メコン進出 サッカー教室のアジア戦略(上)(03/27)

Jリーグクラブや日本人プロ選手の理念を共有する、新しい経営方針の日本のサッカースクールが、相次いで東…

続きを読む

【書籍ランキング】3月9日~3月15日(03/27)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『小さな会社の儲かる整頓』小山昇(日経BP社) 2.『やり抜く力 人生…

続きを読む

いすゞ、HCM市でオートケアセンター着工(03/27)

いすゞベトナムが22日、ホーチミン市クチ郡タンフーチュン工業団地で「いすゞベトナムオートケアセンター」…

続きを読む

外国直接投資、1~3月の認可額8割増(03/27)

ベトナムで今年1~3月に認可された新規および追加の外国直接投資(FDI)と外資によるベトナム企業への…

続きを読む

電通がオフショア拠点、エボラブルと合弁(03/27)

電通は24日、インターネットの広告サイトなどの開発・運用を行うオフショア拠点としてホーチミン市に現地法…

続きを読む

ネオキャリア子会社、ダナンにオフィス新設(03/27)

人材紹介会社ネオキャリア(東京都新宿区)は24日、子会社のネオラボ(同)が、ベトナム中部ダナン市にオフ…

続きを読む

シンガ企業、ソフトウエアパーク開発で覚書(03/27)

ベトナム中部ダナン市人民委員会とシンガポール政府系コングロマリット(複合企業)セムコープ傘下のセムコ…

続きを読む

4G通信サービス、各社が提供範囲を拡大(03/27)

ベトナムの通信事業者が第4世代(4G)通信サービスの提供範囲を拡大させている。ベトナムネットが報じた…

続きを読む

ICT利用ランキング、ダナンが首位堅持(03/27)

ベトナムの全国の省市、中央省、国営企業などを対象とした情報通信技術(ICT)の利用実態調査「ベトナム…

続きを読む

サイバー攻撃発生件数、1~3月は7700件(03/27)

ベトナムの情報通信省傘下コンピューター緊急対策チーム(VNCERT)はこのほど、第1四半期(1~3月…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン