• 印刷する

ドンムアン空港、第2ターミナル開業

タイ国内の主要6空港を運営するタイ空港公社(AOT)は24日、ドンムアン空港の第2旅客ターミナルビル(T2)の供用を開始した。同空港を利用する格安航空会社(LCC)の増加に伴い深刻化している混雑の緩和につながると期待される。

24日付バンコクポストによると、30億バーツ(約100億円)を投じて、2006年のスワンナプーム国際空港開業以来、閉鎖されていた旧国際線第2旅客ターミナルを改装した。

トイレ整備などを含む内装工事は完了していないが、年末年始に急増する旅客に対応するため、24日に開業した。年末年始の1日当たりの平均旅客数は前年同期比30%増の11万人、航空機の発着回数は20%増の650回と予測されている。全ての工事は来年2月までに完了する予定。

第2旅客ターミナルビルは国内線専用となり、これまで国際線と国内線で使われてきた第1旅客ターミナルビル(T1)は国際線専用となる。第2旅客ターミナルを利用するのは、エアアジア・グループ、Rエアラインズ、オリエント・タイ航空、タイ・ライオン・エア、タイ・スマイル、ノック・エアラインズ。

ノック・エアラインズのパティー最高経営責任者(CEO)は、ドンムアン空港を利用する航空便の8割が国内線であると指摘し、「第2旅客ターミナル開業による混雑緩和効果は未知数」との見方を示した。

第2旅客ターミナルの開業によって、ドンムアン空港の年間の旅客収容能力は、従来の1,850万人から3,000万人に増加する。ただ、数年内に旅客数が3,000万人を突破するのは確実とみられており、AOTは収容能力を4,000万人に引き上げるため、第1旅客ターミナルを改装するほか、新たなターミナルの建設も検討している。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器、普及目標近づく 官民連携でインフラ整備を先行(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

タイ正月の振替、9月4日と7日に決定(08/14)

帰国者3人が感染、市中はゼロ(13日)(08/14)

政府、高速鉄道アユタヤ駅周辺でPPP開発(08/14)

国際線乗り入れ、全面解禁まだ=民間航空局(08/14)

運輸相、年内の一般向け配車アプリ導入命令(08/14)

水道・発電WHAUP、4~6月は63%減益(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン