• 印刷する

【16年の10大ニュース】年初にテロ、景気は一進一退

2016年のインドネシアは、1月14日に首都ジャカルタで連続爆弾テロ事件が発生し、死者4人、けが人25人を出すという暗い幕開けだった。

経済では、ジョコ・ウィドド政権が引き続き経済政策パッケージを次々と打ち出し、規制緩和の姿勢を鮮明にして景気のテコ入れを図った。インドネシア中央銀行も6回の利下げを断行し、金融緩和による景気浮揚に努めた。だが景気は一進一退が続いた。

自国民・自国企業の海外資産の把握と還流を狙ったタックス・アムネスティ(租税特赦)制度は内外から注目された。海外からの資金還流は政府の目標を大きく下回っているが、一定の評価も聞かれる。

ジョコ大統領は2年連続で内閣改造を断行。有力政党ゴルカルの合流で与党陣営が拡大し、政権基盤は強化された。ただ、バスキ・ジャカルタ特別州知事(来年2月の知事選出馬のため休職中)がイスラム教を侮辱したとして宗教冒瀆(ぼうとく)罪で起訴されたり、大規模デモが起きたりしたことに乗じて、イスラム強硬派台頭の兆しがみられることを警戒する向きがある。

一部イスラム団体などがバスキ・ジャカルタ特別州知事(休職中)の逮捕などを要求して実施した最初の大規模デモ。この夜、一部が暴徒化した=11月4日、ジャカルタ(NNA撮影)

一部イスラム団体などがバスキ・ジャカルタ特別州知事(休職中)の逮捕などを要求して実施した最初の大規模デモ。この夜、一部が暴徒化した=11月4日、ジャカルタ(NNA撮影)

【第1位】2年連続の内閣改造、スリ氏が財務相復帰

【第2位】ネガティブリスト改正、投資誘致へ規制緩和

【第3位】首都中心部でテロ、イスラム国関与

【第4位】租税特赦を開始、海外資産還流目指す

【第5位】首都で新交通規制、違反者には刑罰

【第6位】四輪と二輪、新車販売で明暗

【第7位】6本の景気刺激策発表、実施監督班も設置

【第8位】配車アプリがサービス拡大、政府は規制へ

【第9位】中銀が年6回もの利下げ、景気テコ入れ

【第10位】日本のインフラ投資に期待高まる

【番外編】二重国籍で解任のエネ鉱相が復帰


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バタム市、企業などに衛生規律の順守を徹底(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

首都のPSBB違反1271社、違反は減少傾向(05/29)

ガルーダ航空国内便、搭乗に必要書類追加(05/29)

出入り許可証不所持、Uターン命令6千台超(05/29)

雲品酒店が中国市場進出へ、杭州にホテル(05/29)

高速道から17万台が首都に移動、過去3日で(05/29)

日産巨額赤字6712億円、2工場閉鎖・生産2割減(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン