• 印刷する

ニューワールドに罰金、越帰り高校生食中毒で

ホーチミン市人民委員会はこのほど、日本の高校生34人が10月にベトナム航空の機内で食中毒のような症状を訴えた出来事に関連して、高校生らが滞在していた市内のニューワールドホテルに2,000万ドン(880米ドル、約9万9,200円)の罰金を科した。23日付VNエクスプレスが報じた。

市人民委がグエン・スアン・フック首相に報告した調査結果によると、高校生らが食事をしたのは10月27日の夕食を同ホテルのレストランで取ったのが最後で、機内食は食べていなかった。

また、ホテルのレストランが食品安全衛生規定に違反していたほか、食中毒が疑わしいことが発覚した後もホテルが保健当局に報告していなかったことが分かった。ホテル内の別のレストランでは、食品安全に関する証明書の期限切れや従業員の健康診断書の非開示などの違反が見つかっており、処分が検討されている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼大手、高炉計画を拡張か クアンガイ省で追加投資提案(12/02)

市中感染1.4万人増、4波累計124.7万人(12/02)

消費者物価、11月は前年比2.1%上昇(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

政府統計の質向上を支援、デンマーク(12/02)

TOTOが水栓金具工場、海外生産4割増(12/02)

王子HDが段ボール新工場、50億円投資(12/02)

大企業番付、サムスン現法が5年連続首位(12/02)

1~11月輸出、鉄鋼が初めて100億ドル超(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン