• 印刷する

ニューワールドに罰金、越帰り高校生食中毒で

ホーチミン市人民委員会はこのほど、日本の高校生34人が10月にベトナム航空の機内で食中毒のような症状を訴えた出来事に関連して、高校生らが滞在していた市内のニューワールドホテルに2,000万ドン(880米ドル、約9万9,200円)の罰金を科した。23日付VNエクスプレスが報じた。

市人民委がグエン・スアン・フック首相に報告した調査結果によると、高校生らが食事をしたのは10月27日の夕食を同ホテルのレストランで取ったのが最後で、機内食は食べていなかった。

また、ホテルのレストランが食品安全衛生規定に違反していたほか、食中毒が疑わしいことが発覚した後もホテルが保健当局に報告していなかったことが分かった。ホテル内の別のレストランでは、食品安全に関する証明書の期限切れや従業員の健康診断書の非開示などの違反が見つかっており、処分が検討されている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

十六銀行、制約の中で全力 ベトナム展開する地銀の今(下)(12/10)

トヨタ、北部ソンラー省に62カ所目の店舗(12/10)

HCM市、メトロ2路線建設費の再貸付要望(12/10)

ベトジェット、ニューデリー線を就航(12/10)

海運インフラ、需要増に対応可能=国営企業(12/10)

ビンホームズ、自社株6千万株買い戻し(12/10)

「21~30年の水資源計画」策定へ=首相承認(12/10)

広島県のローツェ、磁石の製造子会社を解散(12/10)

シャオミ、新スマホ「Mi Note 10」を発売(12/10)

サムスン、越で新スマホ「A51」発表へ(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン