15億ペソでバイオ燃料工場、日本などへ輸出

バイオマス燃料ペレタシア・フィリピンは、14億8,000万ペソ(約32億6,000万円)を投じて、イネ科の多年草ネピアグラスなどを原料とするペレットを製造する工場を建設する。ペレットは日本や韓国向けに輸出する計画だ。17日付ビジネスワールドなどが伝えた。 フィリピンの貿易産業…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 化学その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「環境に配慮した持続可…(10/21)

接種拡大、1日150万回目指す 未成年も対象に、日本は追加供与(10/21)

新型コロナ、新たに3656人感染(10/21)

未成年と高齢者、条件付きで外出可能に(10/21)

9月輸入車販売12%減、3カ月連続前年割れ(10/21)

〔ミ島通信〕鉄道事業第1期、コンサル契約(10/21)

与党総裁、大統領長女サラ氏の出馬「ない」(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン