【インドネシアに生きる】永眠の地はインドネシア 松山からジャカルタへ(3)

身長184センチで、柔道7段の巨漢。どこにいてもたっぷりな存在感がある。人はふつう、顔で覚えたり覚えられたりするが、この人は大きな体が名刺代わりだ。人ごみの中でも、ひと目ですぐわかる。仕事では長年、労務畑を歩いてきたためか、人を見るまなざしは鋭いが、そこに人情味が…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年のお盆休みはインド…(08/11)

北部3州で感染ゼロから拡大 1人から45人、今後も増加か(08/11)

7月新車卸売り台数が9割増 前月比、在庫調整一段落し急増(08/11)

ホンダ四輪、7月小売りは前月比62%増(08/11)

サクラシステム、地場と共同で税務サービス(08/11)

国営通信の上半期決算、小幅な減収減益(08/11)

エネ鉱省、米社の深海開発撤退で伊社に接近(08/11)

再生エネ発電の大統領令、今月中に公布へ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン