• 印刷する

新エネ振興補助金、政府は来年も継続方針

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、新・再生可能エネルギー振興に向けた補助金の拠出を来年も継続する方針を固めた。補助金額は、約1兆1,000億ルピア(約88億2,600万円)。17日付インベストール・デイリーが伝えた。

同省新・再生可能エネルギー局のリダ局長は、補助金には新・再生可能エネルギーの買い取り価格と国営電力PLNの電力生産コストとの差額分を補うことで、PLNによる買い取りを促進する重要な目的があると説明。国会は先に、企業に対する支援は補助金にふさわしくないとして却下する方針を示していた。

国会第7委員会(エネルギー鉱物資源関連)との会合では、同補助金を通常の電力補助金と合算することにも同意し、合算しない場合でも同補助金の運用はPLNが行うことを確認した。

同補助金の内訳は、小水力発電が5,200億ルピア(電力供給量30万2,420キロワット)、太陽光発電が2,050億ルピア(12万5,000キロワット)、バイオマス発電が3,020億ルピア(4万2,800キロワット)、バイオガス発電が383億ルピア(6,200キロワット)、ごみ焼却発電が77億ルピア(1,600キロワット)となっている。

リダ局長は、今月25日付で電力価格と太陽光発電事業入札に関するエネ鉱相令『16年第19号』を公布する予定と表明。同相令の公布後に、全国で発電容量が合計25万キロワットとなる太陽光発電事業の入札を実施する計画とした。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

入国者の隔離義務7日間に、変異株対策(15:30)

テイクオフ:コロナ禍が続く中、多く…(11/29)

【この人に聞く】物資運搬ドローン開始へ 新興企業ビーハイブ・ドローンズ(11/29)

北カリマンタンにアルミニウム製錬所建設へ(11/29)

雇用創出法違憲判決、経済への影響は軽微か(11/29)

ダナレクサ、国営7分野16社の持ち株会社へ(11/29)

車載用電池、30年に381兆ルピアのGDP貢献(11/29)

最高級セダンまで組立生産を拡充、メルセデス(11/29)

年末年始の航空券、販売制限を検討=AP2(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン