• 印刷する

テイクオフ:近ごろ巷で流行るモノ―…

近ごろ巷で流行るモノ――紅茶専門店、韓国ベーカリー、ラーメン屋。ほぼ共通するのは「食」と「アジア」である。それぞれ首都圏を中心にじわじわと進出し、存在感を増している。

紅茶専門店は本場英国からと思いきや、本家はシンガポール。フランス語の店名のベーカリーは、実は韓国の2大ベーカリーの1つである。そしてラーメン店はY勝軒、K虎、M堂製麺、S頭火など、北海道から九州まで味の異なる有名チェーン店などが続々とオープンしている。激戦の火ぶたがようやく切って落とされた感があるが、有名店をマニラにもってきたいという現地実業家たちがまだ結構いるとみられ、本格的なラーメン戦争はこれからだろう。

我ら消費者にとっては選択肢が広がるという意味で、フィリピンの食文化が多様化していくことは有難いことでもある。さて、今晩はつけ麺でも食べに行こうか。(蝶)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン