• 印刷する

吉野家フランチャイズ、年内に首都圏で3店舗

地場加工食品大手センチュリー・パシフィック・グループ(CPG)傘下で、牛丼チェーン「吉野家」のフランチャイズ権を持つヨシノヤ・センチュリー・パシフィック(YCPI)は、年内にマニラ首都圏で3店舗を開業する方針を明らかにした。26日付インクワイラーなどが伝えた。

YCPIのティモシー・ヤン社長は、新規出店の場所としてマカティ市、ケソン市、モンテンルパ市アラバンを挙げた。また、2016年をめどに店舗数を現在の7店から50店に拡大する方針を示した上で、首都圏以外の都市部での出店に意欲を見せた。一方で、提供メニューについても消費者が求める割安感のある商品を充実させる方針。

YCPIは2001年に吉野家インターナショナルとフランチャイズ契約を締結。同年にマカティ市に1号店を開業した。現在は、◇SMメガモール(マンダルヨン市)◇SMノースエドサ(ケソン市)◇SMモール・オブ・アジア(パサイ市)◇ロビンソンズ・ガレリア(ケソン市)◇グロリエッタ1(マカティ市)◇SMマニラ(マニラ市)◇SMパンパンガ(パンパンガ州サンフェルナンド市)――の各商業施設に出店している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに2630人、計29万9361人(09/25)

外出制限、一段の緩和に壁 マニラ首都圏、来月1日以降(09/25)

イロイロ市の外出制限、再び厳格化(09/25)

コロナ感染新たに2180人、計29万6755人(09/25)

民放ABS―CBN、ロペス名誉会長辞任(09/25)

対中政策に変更なし、大統領の仲裁判断言及で(09/25)

シェル、マランパヤガス田の権益45%売却へ(09/25)

経済区庁、登録企業の85%が事業再開(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン