ロンドンから「フィンテック首都」奪取も

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)により、シンガポールがフィンテック(ITを活用した革新的な金融サービス)分野での「首都」の座をロンドンから奪う可能性がある――。マサチューセッツ工科大学(MIT)がこのほど発表したリポートで、こうした見方が示された。ビ…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

在宅勤務基本、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/15)

新規感染31人、市中は5日連続2桁(15日)(05/15)

新規感染52人、8カ月ぶり高水準(14日)(05/15)

在宅勤務基本・店内飲食禁止、16日から(05/15)

1~3月の企業景況感、大幅に改善(05/14)

シングテル、米子会社不振で多額の特損計上(05/14)

STエンジとテマセク、貨物機リースで提携(05/14)

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(05/14)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(05/14)

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン