ミンダナオで和の食材製造:丸啓鰹節、安定調達へ海外に活路

ミンダナオ島南部のジェネラルサントス市でカツオ節を製造する日本企業がある。丸啓鰹節(静岡県御前崎市)は、2012年に中国に次ぐ海外拠点として同市で工場を稼働。1日当たり最大20トンのカツオを調達している。日本ではカツオ節の販売価格が数十年大きな変動がない一方で、人件…

関連国・地域: 中国タイフィリピン日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今回の中間選挙は、フィ…(05/20)

セブで初のコンテナ船を進水 常石造船、建造船種を多様化へ(05/20)

オリコ、自動車ローンで進出(05/20)

日系10社と拡張で合意文書、大統領訪日で(05/20)

付加価値税の還付手続き、新指針で迅速化(05/20)

世界有力企業ランク、比からBDOなど6社(05/20)

台湾8社、米中摩擦でスービックに投資計画(05/20)

現代自の4月販売、小型商用車好調で17%増(05/20)

ダブルドラゴン、17億円でダバオに倉庫団地(05/20)

財閥アボイティス、越空港投資に意欲(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン