• 印刷する

《日系進出》江洋ラヂエーター、ティラワSEZ起工第1号

自動車部品の江洋ラヂエーター(名古屋市)は、ミャンマー最大の都市ヤンゴン近郊のティラワ経済特区(SEZ)で9日、工場の起工式を開催した。ティラワSEZでの起工第1号となった。主に自動車の交換部品向けのラジエーターを生産、来年末までの出荷を目指す。

来年8月末までに竣工、10~11月中に操業を開始し、12月末までに初出荷する予定。初年度は12万台(月産1万台)の生産を見込む。工場の敷地面積は3万2,800平方メートルで、建屋面積は5,000平方メートル。建設費は非公表。建屋は5年内に2万平方メートルまで拡張する計画。

ミャンマーで生産するラジエーターは全量を輸出する。江洋ラヂエーターの江尻拓馬・専務取締役によると、主な輸出先は米国、日本、インドネシア、中国になるという。初年度は100人の従業員を雇用し、5年内に500人規模まで増員していく。

同社は今年6月、ティラワSEZの区画販売を手掛けるミャンマー・ジャパン・ティラワ開発(MJTD)と工場用地のリース契約を結んでいた。

ミャンマー初のSEZであるティラワでは今後、入居を決めた企業が続々と工場を着工する見込み。来年にかけて建設ラッシュを迎える見通し。


関連国・地域: 中国ミャンマーインドネシア日本米国
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

東南ア車生産、200万台突破 1~6月コロナ克服も先行き不安(08/10)

当局、外貨の違法な保有の通報を呼びかけ(08/10)

【アジアの鉄道】(第5回)中国(4)中欧班列 欧州と直結、新たな「シルクロード」の登場(08/10)

MyCO登記抹消、1~7月は2800社(08/10)

中部で人口流出、気候変動や治安悪化が原因(08/10)

燃油200チャット超値上がり、通貨切下げで(08/10)

水産品輸出、4~7月に124億円(08/10)

外国人技能実習制度、相次ぐ人権侵害「構造的」(08/10)

市民権精査カード、早期に発行へ=総司令官(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン