• 印刷する

ホンダ四輪、1~8月だけで10万台初達成

ホンダ四輪のインドネシア現地法人、ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)は4日、1~8月の新車販売台数が10万台を突破したと発表した。年間ベースで10万台を超えるのは初めて。1月に投入した低価格帯の多目的車(LMPV)「モビリオ」が好調で、全体をけん引した。

モビリオの販売台数は5万9,377台で、全体の54%を占めた。エコカー政策適合の小型車「ローコスト・アンド・グリーンカー(LCGC)」である「ブリオ・サティヤ」が1万6,690台、ハッチバック「ジャズ(日本名フィット)」が1万2,866台で続いた。

HPMは、昨年に10万台の販売を目指していたが、実績は9万台強だった。今年の目標は、モビリオのみで10万台、全体で17万5,000台。インドネシアで最も規模が大きいLMPV市場における存在感を高めることで、達成を目指す。

8月のモビリオの販売台数は前月比8%増の6,706台。7月はイスラム教の断食明け大祭(レバラン)や大統領選で落ち込んでいたが、回復した。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/13)

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン