• 印刷する

いすゞが新型SUV、シェア拡大狙う

いすゞフィリピンズ(IPC)は9日、スポーツタイプ多目的車(SUV)の新モデル「MU―X」の販売を開始した。同カテゴリーでは「アルテラ」を販売していたが、MU―Xに切り替え、市場シェア拡大を狙う。フィリピンでは自動車市場が年間2桁の伸びを続け、SUVの需要も高まっている。いすゞはMU―Xを今年は2,000台、来年は6,000台を売りたい考えだ。

マニラ首都圏パサイ市で9日、MU―Xの発表会を行った。7人乗りでディーゼルエンジンを採用。排気量は2499ccで、「コスミック・ブラック」や「アウトバック・ブラウン」など6カラーを用意した。タイから輸入し、価格はグレード別に118万8,000ペソ(約288万2,000円)、126万ペソ、135万8,000ペソ、174万8,000ペソ。同社はこれまで、SUVではアルテラを販売していたが、同モデルはまもなく販売が終了する見込み。

いすゞフィリピンズの泉名信夫社長はNNAの取材に対し、フィリピンのSUV市場は、トヨタ自動車「フォーチュナー」と三菱自動車「モンテロスポーツ」がシェアの大半を占有し、米フォードといすゞが続いているのが現状と指摘。「MU―Xは性能・デザイン面で他社にひけをとらない。エンジンの耐久性や大家族でも利用できる点などをアピールし、販売台数を伸ばしていきたい」とシェア奪取に意欲を示した。

同社の昨年のSUV販売台数は約700台。アルテラは2005年にフィリピンに初投入され、販売されてきたが、近年は販売台数が伸び悩んでいた。ただ、自動車市場の好調が続く中で、昨年のSUVの販売台数は前年比12.6%増の約4万2,000台を記録。同分野では今年、年間で5万台の販売が見込まれていることから、いすゞフィリピンズはMU―Xを今年は2,000台、来年は6,000台を売り、シェアを拡大する方針だ。同社は今年通年の目標販売台数(全カテゴリー)は前年比19~27%増の1万4,000~1万5,000台に設定している。

いすゞは昨年10月、タイでMU―Xの販売を開始。以降はオーストラリア、ニュージーランド、ラオス、インドネシアにも投入してきた。フィリピンはこれに続く6カ国目の販売国。同社によると、MU―Xの投入で、今年1~7月にはオーストラリアとタイのSUVで、それぞれ58%、43%のシェアを獲得したという。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…(02/21)

ダバオを成長地域のハブに 注目浴びるミ島の潜在力(上)(02/21)

1月国際収支、3カ月連続の黒字(02/21)

20日為替:$1=52.060ペソ(↑)(02/21)

配車グラブ、出前サービスでマックと提携(02/21)

通信会社変更しても番号そのまま、法が成立(02/21)

国際連結性指数、世界49位に上昇(02/21)

仏サノフィのデング熱ワクチン、登録を抹消(02/21)

コメ輸入規制緩和、来月5日に法律施行(02/21)

太陽光発電タルラック2、中国製パネル設置(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン