【年始インタビュー】公共事業の経済効果、どこまで:今年の景気見通し、識者2人が予測

2015年は資源安や予算執行の遅延などの要因が重なり、ここ数年で目覚ましい成長を遂げてきたインドネシア経済にとって停滞の1年となった。年が明けた16年も大きな回復の兆しは見えていない。2年目に入ったジョコ・ウィドド政権の下での公共事業の進展が押し上げ材料になり、昨年…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本映画の宣伝広告を海…(08/22)

QR決済の上限額を設定 1回200万ルピアに、中銀規定(08/22)

長田広告、地場同業と10月合弁設立(08/22)

ワッツアップ、モバイル決済事業参入を計画(08/22)

西ジャワ州とトコペディア、協力覚書を締結(08/22)

新首都に中銀とOJKは移転せず、開発長官(08/22)

自動車市場は中古車好調、各種規制も追い風(08/22)

バタムの電子機器産業4社が事業縮小(08/22)

日米向けエビ輸出額が減少、供給拡大などで(08/22)

若年層の海外志向、東南アで最高(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン