• 印刷する

サガミ、20年までにタイで10店展開へ

外食事業を展開するサガミチェーンは1月29日、タイ・バンコクの商業施設「シーロムコンプレックス」内でタイ3号店をグランドオープンした。日本酒や焼酎などのアルコール類を充実させ、夜の利用を取り込む。2020年までにタイで10店舗、東南アジア諸国連合(ASEAN)で20店補の展開を目指す。

鎌田敏行社長はオープニングセレモニーで、「サガミ3号店を置くシーロムは、バンコク屈指のビジネス街、観光地として知られ、幅広い層の利用が見込める」と集客に自信を見せた。同地区には多くの日系企業がオフィスを構えていることから、仕事帰りの会社員の需要も取り込みたい考えだ。

店名は「Japanese Dining & Bar SAGAMI」で、座席数50席。営業時間は午前10時半~午後10時で、1日当たり昼に70人、夜に50人程度の来客を見込む。

メニューは、日本各地の日本酒21種類、焼酎11種類などアルコール類約60種類をそろえた。料理はサガミが得意とする和麺・一汁三菜のほか、手羽先や焼き鳥、刺し身、すしなど約150品。売り上げは1日当たり6万バーツ(約20万円)と予測する。

サガミは2014年4月にタイ1号店、15年3月に2号店をオープン。海外ではタイ、中国、インドネシアで7店舗を展開している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(14:23)

8月東南ア訪日客98.9%減、コロナ影響続く(15:51)

テイクオフ:タイ軍事政権の最高機関…(09/21)

学生らが大規模な反政府集会 改憲や王室改革求め、2日間開催(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

改憲など民主化3要望、8割賛成=世論調査(09/21)

新財務相の選出は10月に、首相が見通し(09/21)

帰国者1人が死亡、死者は6月以来(18日)(09/21)

帰国者6人感染、市中はゼロ(20日)(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン