【ディープチャイナ】東莞生産を続ける日系工場:「ASEANは安くない」

「世界の工場」として労働集約型産業が集積する広東省東莞市で、景気減速や構造改革の影響を受けて日系工場の閉鎖や東南アジア諸国連合(ASEAN)への移転が進んでいると盛んに報じられるが、本当はどうなのか。現状を追ってみると、依然として生産性や部品調達網の豊富さで優…

関連国・地域: 中国-全国タイベトナムフィリピン日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

上場企業の中国投資益、3四半期連続で減少(12:45)

テイクオフ:テレビドラマに飽きてミ…(12/11)

11月のEV登録が過去最高 単月で前年実績超え、MGけん引(12/11)

11月の物価上昇率4%突破 豚肉高騰、市場予測を上回る(12/11)

11月の新車販売3.6%減、17カ月連続で縮小(12/11)

米長官、制裁見送りに言及(12/11)

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(12/11)

社会科学院、米中合意の早期成立を訴え(12/11)

半導体の環宇、晶電の中国孫会社に出資(12/11)

民営企業の困難、「リーマン時より軽微」(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン