【ディープチャイナ】東莞生産を続ける日系工場:「ASEANは安くない」

「世界の工場」として労働集約型産業が集積する広東省東莞市で、景気減速や構造改革の影響を受けて日系工場の閉鎖や東南アジア諸国連合(ASEAN)への移転が進んでいると盛んに報じられるが、本当はどうなのか。現状を追ってみると、依然として生産性や部品調達網の豊富さで優…

関連国・地域: 中国-全国タイベトナムフィリピン日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

テイクオフ:広州の街中ではよくコウ…(04/01)

「消費券」で内需振興 各地で発行、外食や文化産業対象(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

製造業PMIが大幅改善、3月は52.0(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

2月の外国人宿泊40%減、落ち込み震災以来(04/01)

無症状感染者への対策、発見と隔離を強化(04/01)

大学入試を1カ月延期、新型コロナで(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン