【ディープチャイナ】東莞生産を続ける日系工場:「ASEANは安くない」

「世界の工場」として労働集約型産業が集積する広東省東莞市で、景気減速や構造改革の影響を受けて日系工場の閉鎖や東南アジア諸国連合(ASEAN)への移転が進んでいると盛んに報じられるが、本当はどうなのか。現状を追ってみると、依然として生産性や部品調達網の豊富さで優…

関連国・地域: 中国-全国タイベトナムフィリピン日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

今年の乗用車販売8%増、業界団体が予測(01/22)

コロナワクチン接種の第2回、4月に実施(01/22)

本土マネー、勢い止まらず 資金純流入、既に昨年の3割超(01/22)

500万人のPCR検査2日で 各地に体制強化を指示、国務院(01/22)

バイデン政権誕生で台米関係深化、経済部長(01/22)

米GM、マハ州の工場閉鎖申請却下に抗議(01/22)

春節移動のPCR陰性証明、農村部が対象(01/22)

シリコンウエハーも不足、各社値上げへ(01/22)

SKイノ、中国のEV電池交換業者に出資(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン