• 印刷する

7カ月で5%増、マンダレー訪問の外国人

ミャンマーの中部に位置する第2の都市マンダレーを訪れる外国人が増えている。現地紙デイリー・イレブンが27日付で報じたところでは、1~7月累計で前年同期実績を5%上回っている。

マンダレー管区のホテル・観光部門の関係者が明らかにしたもので、年初から7月までにマンダレーを訪問した外国人は11万7,786人となった。前年同期は11万1,938人だった。

関係者は「7月上旬から出されていた夜間外出禁止令で観光客の減少を危惧したが、影響は小さかった。禁止令の解除後は、外国人の訪問数が前年を25%上回るペースで推移している」と語った。また、「(10月以降の)観光シーズン入りで観光客数はさらに伸びる」との予測も示した。2013年にマンダレーを訪れた外国人は21万9,518人で、12年に比べ36%増加した。

マンダレーでは7月2日に仏教徒とイスラム教徒の衝突が起き、2人が死亡、14人が負傷した。同市では、1日にもイスラム教徒を敵視する仏教徒が暴徒化し負傷者が出た。宗教対立激化の恐れもあり、同市は市域の大半に夜間外出禁止令を出した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

8日の感染者15人、124日連続で死者ゼロ(12:29)

MyCO登記抹消、1~7月は2800社(11:35)

カタール系通信の撤退に注文 人権団体、個人情報の保護を危惧(08/09)

日本語能力試験、願書2.5万通超が販売(08/09)

ヤンゴン工場、抵抗勢力拠点出身者を解雇か(08/09)

ヤンゴン公共バスへの広告掲載、不許可に(08/09)

タイへのトウモロコシ輸出、7割減少(08/09)

高品質ゴムの栽培面積拡大へ、価格上昇受け(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン