【電子決済】Eマネー利用、首都圏は6割:便利な高速道・お得なコンビニで

NNAがジャカルタ首都圏の市民を対象に実施した調査で、電子マネーを使ったことがある人は6割以上に上るという結果が示された。うち、所得が月額800万ルピア(約7万円)以上の層では9割の人が使用していた。一方で、400万ルピア未満の人では、少数ながら公共交通やコンビニエ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(15:11)

テイクオフ:某地図アプリでも表示さ…(12/12)

MOCA、グラブと二人三脚 群雄割拠のモバイル決済(下)(12/12)

村田製作所がデータビジネス 首都で交通量測定、商用化へ(12/12)

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(12/12)

村田製作所の津守氏に聞く(12/12)

シャープ、新型スマートテレビ2種を発売(12/12)

ジャワ島外の工業団地19カ所、5年で優先開発(12/12)

西ジャワ新空港のアクセス高速道、3月着工(12/12)

再生可能エネ発電、民間の出資制限見直しへ(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン