• 印刷する

「貢茶」韓国法人、グローバル本社の買収へ

台湾ティー専門店チェーン「ゴンチャ(貢茶)」を韓国で展開する貢茶コリアが、グローバル本社で台湾の貢茶国際股フン有限公司 を買収する。外食チェーンの韓国法人がグローバル本社を買収するのはスムージーキングコリアに次いで2例目。積極的な投資で世界的なブランドへの飛躍を目指す。

18日付韓国経済新聞によると、貢茶コリアは貢茶国際の大株主らと同株式100%を取得する内容の覚書(MOU)を結んだ。6月に本契約を結ぶ予定だ。買収価格は1,000億ウォン(約94億円)前後とされる。貢茶コリアは今後、世界19カ国・地域に約1,100店舗を持つ企業の本社として、投資を増やし、コーヒーチェーン「スターバックス」のような世界的なブランドに育てていく。貢茶コリア広報担当はNNAの取材に対し、「買収に向けた交渉をしているのは事実だが、詳細は説明できない」と話した。

貢茶コリアは2012年に韓国での版権を取得し設立され、新感覚の飲み物とデザートで若者の人気を集め、店舗を362店まで増やした。特にプライベート・エクイティ(PE)ファンドのユニゾン・キャピタルが14年に65%の株を取得し経営権を握ってからは、日本法人を設立するなど海外での店舗拡張に力を入れてきた。

このところPEファンドが保有するチェーン店の海外進出が目立つ。外食チェーン「ノルブ」は日本や中国に直営店をオープンし、香港や東南アジア進出も模索する。「ハリスコーヒー」はベトナムの1号店を皮切りに東南アジア攻略を狙う。


関連国・地域: 香港台湾韓国日本ASEAN
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(11/22)

「国産化」リスクの声高まる 国際貿易のメリット生かせず(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

9月末の家計負債、過去最大も増加幅は縮小(11/22)

現代自、米で次世代SUVコンセプト発表(11/22)

〔政治スポットライト〕豪NZ外相、G20名古屋外相会合に出席(11/22)

韓進グループの趙会長「航空事業に注力」(11/22)

ウィニア大宇、メキシコ売上高が過去最高(11/22)

SKエナジー、貨物車休憩所に太陽光発電設備(11/22)

建設省、韓国工業団地用地への立入りを禁止(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン