【旬に直撃】アイデンティティーの危うさ:直木賞作家・東山彰良(後編)

台湾と台湾人を描いた青春ミステリー小説『流(りゅう)』で直木賞を受賞し、台湾出身者としては1955年度下期の邱永漢、68年度下期の陳舜臣各氏に続く3人目の快挙となった作家・東山彰良(本名:王震緒)さん。蔡英文新総統の就任を控えた台湾では「台湾アイデンティティー」が高…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ある夜、路線バスに乗っ…(10/21)

「双十一」の販売2倍続出か 各社が販促、認知度向上も追い風(10/21)

聯発科技董事長、「5G・AI領域強化」(10/21)

鴻海系、カンタツ株買い増しでレンズ強化(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

和碩が業績楽観、新アイフォーンの受注好調(10/21)

PCBの定穎電子、桃園工場を売却へ(10/21)

繊維の福懋興業、シェラー株50%取得(10/21)

オーディオテクニカ、台湾で新製品発表会(10/21)

台北双子星開発、市政府が藍天に優先開発権(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン