• 印刷する

外国直接投資、30年に累積1400億ドル誘致目標

ミャンマー政府は、外国直接投資(FDI)の誘致目標を、2030年までに累計1,400億米ドル(約15兆5,400億円)とすることなどを盛り込んだ、長期の国家開発計画を準備中だ。デイリー・イレブンが23日伝えた。

外国政府による経済制裁が多くの分野で解除されたことを受け、17~20年の年間FDI目標を60億米ドル、21~30年を80億米ドルに引き上げている。

今年は輸出部門と国内市場の振興を通じてFDIの誘致を図る。17~20年は工業部門の発展、東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)の活用によるFDI誘致に焦点を当てる。21~30年は持続可能な開発や、企業の支援による産業振興、インフラ整備を進める戦略だ。すべての期間を通じて、国民の社会経済開発を最優先とする。

計画・財務省(旧国家計画・経済開発省)傘下の投資企業管理局(DICA)によれば、外国投資法の適用を受けた投資額(認可ベース)は、3月までの累計で637億1,857万米ドル、2015年度(15年4月~16年3月)は94億8,247万米ドルだった。


関連国・地域: ミャンマーASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国軍、一方的停戦期間を3月末まで延長(13:26)

実力行使と暴力非難、日本が外務報道官談話(11:28)

米政府が追加制裁を準備、デモ弾圧受け(09:24)

クーデター後で犠牲者最多 18人以上か、市民の抗議続く(03/01)

SNS駆使、弾圧に若者「諦めない」(03/01)

市民の抗議運動、予想以上=京都大の中西氏(03/01)

国軍当局、クーデター批判の国連大使を解任(03/01)

国連大使解任、「強力措置」機運乏しく(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン