「新型インフルに効果」は誇大広告、食薬庁

新型インフルエンザ(H1N1型)の流行などで、その予防・治療効果をうたう食品広告があふれる中、韓国政府は「食品は疾病の予防や治療効果をうたうことができず、健康機能食品の場合も材料が限られている」と、注意を喚起している。 食品医薬品安全庁(食薬庁)によると、「免疫力増…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、1710人増(12:52)

ワクチン接種、1回目47万7900人増(12:51)

現代自がLGと合弁工場設立 インドネシアでEV電池生産へ(07/30)

コロナ新規感染者、1674人増(07/30)

ワクチン接種、1回目47万7900人増(07/30)

現代自、24年までにEVの新モデル発売(07/30)

サムスン営業益54%増、半導体とスマホ好調(07/30)

LG電子の営業益65.5%増、巣ごもりで恩恵(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン