【中国労務解説】中国労務の主体その(3)「インターネット経由の会社攻撃」

第7回:各論 従業員との労働争議を含む企業の内部情報は、インターネット、マスメディアを経由して流出する事例が増えてきています。典型例は、いわゆる「秘書門事件」、「富士康労工門事件」などがあります。 前者は、EMC大中華区総裁とその秘書との間でのもめごとがメールによっ…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

PCBの相互が412人解雇、華為影響で(19:27)

電力公社、EV分野で中国企業と協力へ(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

5Gユーザー1.6億人に拡大 普及進む、基地局建設も急ピッチ(10/23)

運転免許取得、70歳以上も可能に(10/23)

中央財政の景気対策資金、1.6兆元が地方に(10/23)

中国首相、成長に意気込み(10/23)

豪州の航空減便、1カ月100億$経済損失(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン