• 印刷する

コンテナ貨物施設稼働、海運ダムコがヤンゴンで

海運世界大手APモラー・マースク傘下のダムコがミャンマーのヤンゴンで建設を進めてきたコンテナ貨物の取扱施設が稼働した。マースクと連携してミャンマーで顧客の囲い込みに本腰を入れる考えだ。物流専門紙カーゴニュース・アジアが伝えた。

ダムコが設置したのは、混載貨物をコンテナに積み込んだり下ろしたりするコンテナ・フレイト・ステーション(CFS)と呼ばれる施設。ヤンゴン港から約15キロメートルの地点に置いた。施設は、米国が主導する「テロ防止のための税関産業界提携プログラム(C―TPAT)」に対応しており、敷地面積は約4,000平方メートル。

ダムコ関係者は、「当社は2013年に業務免許を取得してヤンゴンに事務所を開設した。自社施設が完成したことで、当社の存在感が高まる」と語った。

今後はマースクと協力して家電、衣料品、部品、機械といった製品を中心に物流需要の開拓を進めていく。マースクは今年初め、ミャンマー政府からコンテナ輸送の事業認可を取得している。

マースクによると、ミャンマーではコンテナ輸送量が2007年から13年まで年率17%のペースで拡大。20年には現行比で4倍の60万FEU(40フィートコンテナ換算)に輸送量が増大する見通しだ。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/12)

通信アトム、児童養護施設支援に6400万円(08/12)

11日の感染者21人、死者ゼロは127日連続(08/12)

元復興相と国軍トップ会談、現職議員初(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

日本送り出し、現地人主導で 高まる海外就労意欲と日本(3)(08/12)

キリン、ミャンマー事業利益46億円を計上(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン