【豪州法務実務のベーシック】「居住取締役――就任条件と責任明確化がカギ」

第6回 豪州会社法では、1人取締役の会社であればその取締役が、複数取締役がいる場合はそのうちの1人が「豪州居住者(Resident)」でなくてはならないと規定しています。ここでの「居住者」は会社法上のそれをいうので、必ずしも市民であったり永住権ビザを持っている人である必要は…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:飛行機マニアがこうじて…(09/22)

豪のM&A取引、過去最高 今年既に3000億米$突破(09/22)

加のPE大手、豪送電会社に巨額の買収提案(09/22)

NSW、高速道路売却額でシドニー西部開発(09/22)

豪経済は3Qの縮小後に強く回復=大手2行(09/22)

豪小売りのECシェア拡大へ、店舗見直しも(09/22)

TPP加盟国向け輸出額、1~7月は22%増(09/22)

物流スタートラック、23日のスト計画阻止か(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン