NNA ASIA

ドイツ銀、K&Nクナンガ株式を東海東京に売却

ドイツ最大手銀行のドイツ銀行が、13.84%を出資するマレーシアの投資銀行K&Nクナンガ・ホールディングスから撤退する。国際的な新資本規制「バーゼル3」をにらんだもので、第1弾として7日にK&Nクナンガの株式4.9%を日本の東海東京フィナンシャル・ホールディングス(東京都中央区)に売却したもようだ。8日付スターが伝えた。