NNA ASIA

豪州はオランダ病からの脱却を: 秋田大三郎・商工会会頭に聞く

豪州は昨年から、好調な「鉱物・エネルギー資源業界」と、その恩恵を受けられない「その他業界」で景気が異なる「二速経済」という言葉が流布されるようになった。鉱物・エネルギー資源が絶好調である反面、消費は低迷しているという二律背反に直面し、資源だけでは一筋縄にはいかないことを示した。本紙は新年特集として、シドニー日本商工会議所の秋田大三郎会頭(豪州三井物産社長)に、昨年を振り返りながら、そうした豪州経済の抱える問題点や日系企業の状況などについて聞いた。【聞き手・西原哲也】

関連記事