NNA ASIA

「逮捕は計画されたもの」

ゴーン氏、日産幹部の関与主張

昨年末に日本を無断出国し、レバノンに逃れた日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告は8日午後3時(現時時間)、日本を離れてから初となる記者会見を開いた。日産幹部が、仏ルノーの日産への影響力を排除するために自身の失脚を企てたとし、改めて無実を主張。日本の司法制度では基本的人権が守られないと非難し、逃亡は正当性あるものと訴えている。BBC電子版などが伝えた。

関連記事